Xperia買取専門店

XperiaのCM

XperiaのCMというと、「この感覚がXperia」のフレーズを思い出す人も多いのではないでしょうか。

 

ダンスだったりスカイダイビングだったりとバリエーションは様々ですが、何か感覚的な心地よさ、爽快さをアピールしたいのかな、と思って見ていました。

 

しかし、結局はAndroid端末である以上、スペック以外は他のメーカーの端末とそれほど大きな違いはないはずです。

 

車なんかでも同じことを感じていますが、このような宣伝を見るたびに、「そろそろ差別化できる要因がなくなったから、あとは宣伝のイメージで売ろうとしてるのかな」と考えてしまいます。

 

確かに一般的には細かなスペックの差なんてあまり問題にならないので、イメージで選ぶ人も多いのかと思いますが、実際に開発に携わっていると、イメージほど役に立たない選び方はないと感じてしまいます。

 

それよりは、他の端末と比べて端末の持ちごこちはどうなのか、電池の持ちは長いのか、ハードのスペックはどうなのか、など差別化できる部分に注力すれば良いのではないかと思ってしまいます。

 

イメージだけでは、購入したあとにがっかりすることもあるでしょう。

 

Xperiaはある程度のブランドを確立しているとは思いますが、やはりイメージだけではこれから出てくる全く新しい端末には勝てないと考えています。